24kg痩せた大食い看護師ランナーのブログ

体重90kg超えの肥満でしたが、2018年12月より少しずつランニングと自重筋トレを始め10か月で24kgの減量に成功。現在も体型を維持しています。

体重90kg超えの肥満がお金をかけずに10か月で24kgの減量に成功するまでの軌跡 その①

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルの通り2018年11月の時点で体重90kgを超えていた私が、お金をかけずに10か月で24kgの減量に成功したのでその軌跡を紹介したいと思います。


f:id:ooguins:20201213180147j:image

 

過去のことなので細かいことは覚えていませんが、はっきりと覚えていることを中心にできる限り正確にお伝えしようと思うのでよろしくお願いします。

 

ダイエットを始めようと考えている方や、ダイエットがなかなか成功しなくて悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。私のブログを見て一人でもいいので、ダイエット成功者が増えたらいいなと思い私のダイエットを紹介しようと考えました。

太っていても充実した人生を送っている方は多いと思いますし、痩せた方がいいという意見を押しつけたいとは思いません。ただ、ダイエットを成功させて理想的な身体を手に入れることで得られる物は大きいと思っていますし、大げさですが人生を全く違った方向に転換させるきっかけになる可能性があると考えています。

 

私の考えや方法が誰にでも合うわけではないので、自分には合わないなと感じた方は参考程度にしておいて下さい。

また時々ダイエットに対する考え方なども述べますがダイエットに対する考え方などは後日別のブログで詳しく紹介するかもしれないので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

 

 

まず私の2018年11月までの生活や体型などを簡単にお伝えします。元々スポーツは好きだったので30歳頃までは友人と球技を楽しむなど定期的に運動していましたが、太り易い体質で食べることが好きだったためか太めの体型でした。

 

30歳代前半で結婚し、しばらくすると子どもができましたがこの頃から運動を全くやらなくなり食事は普通に食べたい物を食べていたため体重がさらに増加。

 

体重を測る習慣は無かったのですが2018年秋頃に、産まれて間もない息子を抱いて体重計に乗ったところ確か95kg弱を表示していました。息子の体重を引くと90kgを超えており(身長は171cm)、これはまずいなと感じました。

また2018年11月だったと思いますが咽頭炎が長引いたため病院を受診した時、血圧を測定したところ140/台を記録しているのを見てしまいこの時もまずいなと感じました。

あとは、日頃妻から睡眠時に無呼吸があることも指摘されていました。

太っているだけなら太っていても人生幸せならよいという考え方もできますが、この時の私は上記のように健康に不安を感じたため2018年12月頭から少しずつ運動を始めることにしました。

心配をかけたくないので最初にお伝えしておきますが、痩せた現在においては妻から睡眠時無呼吸やイビキについて指摘されることは全く無くなり血圧も正常値になりました。

 

2018年12月頭より運動を開始。

最初は本当に少しずつ始めました。頻度としては週に2~3回。休みの日や深夜明けに運動公園などに自家用車で向かい、ウォーキングした後に1~2kmJOGして自重筋トレをやって終了といった感じです。現在は15kmでも20kmでも惰性で力を使わずに走ることができますが、この時は1~2km走るのもかなりキツかったです。体重90kg超えなので当然ですが。

また自重筋トレは腕立て伏せやスクワットなどをやっていましたが、腕立て伏せは5回が精一杯だったと思います。

 

食事については運動を始めたためか少しずつ気をつけるようになり、間食やドカ食いが減りました。この時期は無理して食事を大幅に制限したりといったことはやりませんでした。

運動した後はコンビニやスーパーでプロテイン飲料を買って飲みながら自宅に帰っていました。

 

体型については1か月では目立った変化はありませんでしたが、若干お腹の肉が減ったように感じました。

当然職場の同僚など普段会う人は、私が運動を始めたことなど気づきませんでした。

 

運動は始めましたが元々球技をやる時に使っていたシューズ・ウエア・タイツなどを使用していたためこの月はほとんどお金を使いませんでした。強いて言えば運動後プロテイン飲料を買うのに少しお金を使った程度です。

 

この時期を振り返ってみると、ダイエット開始直後は無理をせず自分のできる範囲で始めたことが後々の成功につながったように思えます。

この時期に無理をしてしまうと、ランニングの際体重の影響で足を痛める可能性もあります。

また最初から無理な目標体重などを設定して開始すると、体重が減らなかった時に「ダイエットはやっても無駄だ」と感じて諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。私は体重など気にせずに、とりあえず運動を始めることができて一歩前に踏み出すことができたと満足しながらこの時期を過ごしていました。

 

 

 

その②に続く