24kg痩せた大食い看護師ランナーのブログ

39歳男性。体重90kg超えの肥満でしたが、2018年12月より少しずつランニングと自重筋トレを始め10か月で24kgの減量に成功。現在も体型を維持しています。苦手だったフルマラソンも根性で2時間45分45秒(2022年3月)まで記録を伸ばしました。

1月29日勝田全国マラソン。サブ40を目指してみた結果。大幅に自己ベストを更新し感動。

タイトルの通り、1月29日に開催された勝田全国マラソンに出場しました。

勝田全国マラソンへの参加は初めてになります。

 

 

 

当日は5時過ぎに自宅を出発し、高速道路で茨城県ひたちなか市へ。

8時頃無事に勝田駅周辺の有料駐車場に駐車することができました。

 

レースの準備をしながら暖かい車内で少し待機し、9時過ぎに歩いて会場に向かいます。

会場はたくさんの人で賑わっていました。私が出場したレースの中では一番参加人数が多い大会です。

 

体調チェックシートを提出し、レース用のシューズに履き替えてから荷物を預けます。

その後は最終のトイレへ。このトイレの行列に時間を要しました。

トイレを済ませてからはノーアップだったので軽く走ってスタートの整列に向かいました。

 

私はAブロックからのスタート。勝田全国マラソンの素晴らしい点は、陸連登録の方が最前列からスタートするのではなく持ちタイムが速いランナーから順にスタートできること。これは陸連登録していない私にとっては非常にありがたいことだと思いました。

しかもAブロックは300人くらいだったので、これなら多少整列に遅れてもスタートロスは少ないと思われます。

私は比較的早めに整列に向かったので、遠慮なく前から5列目くらいに整列しました。

 

 

10時30分スタートの合図。

スタート直後は接触が多く、転倒している方もいらっしゃいました。

私は171cm、約68kg(推定)とランナーにしてはかなりゴツい身体を活かし当たり負けしないようにポジションを確保しながらリラックスして走り始めます。

 

入りの1kmは3分50秒。だいたい狙った通りのペース。

序盤はペース自体は問題なく安定していましたが、何となく身体や足が重く接地も上手くいっていない感覚で。今日は不調で厳しいかなと思いながら走っていました。

 

 

転機が訪れたのは9km辺り。柔らかくスムーズに身体が動かせるようになり。ペースを上げていきたいと感じました。

よく「フルマラソンは序盤で調子がよいと感じてもペースを上げてはいけない」といったことを聞きますが。私は後先考えないことも多いので、この日は気持ちよく走れるペースに上げていくことにしました。

たくさんのランナーを追い抜き、「今日の自分は無敵だ。ガンガン押していける。」と言い聞かせ気持ちよく走り続けます。

下りも抑えず速いペースで走ったので、今までフルマラソンで目にしたことが無いようなキロ3分31秒というラップも目にしました。

 

そんな感じで気持ちよく走っていたところ、キロ3分42〜47秒辺りで巡航している集団に追いつきました。サブ40を狙う集団だったのでしょうか。私はこの集団で走ることにしました。

サブ40というのは私の今年度の目標なのですが。かなり高い目標であり、自分はまだそのレベルには達していないと思っています。

それでも今回は2時間40分に限りなく近いタイムで走りたいと考えていました。

集団の中で走るのは楽と言えば楽でしたが。ポジションというか集団の中の位置取りによっては、少し窮屈で走りにくいと感じることもありました。

 

 

26km辺りで少し身体や足が重くなってきたので、集団に付いていくのはやめて自分のペースで走ることにしました。ここで無理に集団についていかなかったのは正解だったと思います。リラックスして自分のリズムで走り続けたところ、集団からズルズル離されるのではなく、集団と一定の距離を保ち遅れたランナーを追い抜きながら走ることができました。

 

30kmを過ぎた辺りから数kmの間、一人の女子の選手と一緒に走ることになりました。「女子の2位だよ」と沿道から何度か声がかかっていたので、最終的な順位は分かりませんが女子の2番手を走っている選手のようです。

ぐんまマラソンの時も女子のトップの方に追われながら終盤を走ったので、最近は市民ランナー女子のトップクラスの方と一緒に走ることが多くなっています。

 

35kmを過ぎると誰か他のランナーと一緒に走るというよりは、失速したランナーを追い抜いたり逆に後ろから来たランナーに追い抜かれたりと周囲のランナーが頻繁に入れ替わる感じになりました。

 

 

ちなみにジェルは1個持参しましたが使わず。

給水は15kmを過ぎてから4回取り。水が3回、スポドリ1回のみとほぼ糖分は摂取せずに走り切りました。

足が攣ったり攣りそうになったりすることも無く。

服装は下がランパン。上は寒かったのでTシャツ、ロンT、ランシャツと3枚重ね着。手袋2枚とネックウォーマーを装着し、帽子やサングラスは無し。

レース4日前までは普段通り1日20km以上走り(日勤の日は10km前後)、3日前と2日前は距離を落とし前日はランオフにしました。前日はランオフでしたが夜勤明けだったので、仕事の疲労は感じていました。

1月中旬辺りから臀部痛が生じ。この痛みはレースを終えた2月現在も続いていますが。レース中はアドレナリンなどの影響か、痛みを感じることはほぼありませんでした。

仕事の方は昨年末から極端に人手不足の職場に自ら飛び込み。即戦力になっているかどうか分かりませんが、何とか慣れない業務をこなしている状況で。仕事の疲労が抜けないことも多かったのですが、何とか最低限の練習量だけは維持していました。

 

 

40km辺りから緩やかな上り坂が続きましたが、失速することなく走り続けひたすらゴールを目指し。

無事フィニッシュ。

 

 

サブ40は厳しいと、途中から感じていましたが。

その通りで、サブ40達成ならず。

 

しかし、手元の時計は前の月に出した自己ベストを3分以上更新する2時間41分10秒台。

このタイムを見て感極まり、一人で泣きそうになりました。

「自分って、こんなに速く走れるんだ。」と感動してしまい。

普段の練習では仕事の疲労の影響もあるのかキロ4分で1〜2km走るのすらキツい日が多く。キロ3分45〜50秒くらいでの15〜30km走など、私が全くできないような練習メニューをこなしているサブエガレベル・サブ45レベルのランナーの方々と対等に戦えるのか半信半疑でしたが。この結果はまぐれではなく練習方法を見直して、昨年10月下旬頃から練習内容を少し変えたのが功を奏したのだと思います。

ボッチ練でも練習について自分で考え、工夫しランニングを継続すれば十分な結果が出ることが分かりました。

 

 

勝田全国マラソンは初参加でしたが、思っていたよりもアップダウンが多く。結果的に良いタイムが出ましたが、楽で走りやすいコースという印象は無かったです。

この日、比較的風が弱かったのは幸運でした。

前述したように陸連登録していなくてもスタートラインに近い位置からスタートできるのは、陸連登録していない私にとって大変大きいことでした。スタートロスのことだけでなく、序盤からストレス無く速い流れに乗って巡航できるので。

 

 

普段はフィニッシュ後に近くを走っていたランナー様に挨拶をするのですが。この日は周囲を走るランナーの入れ替わりが激しく、フィニッシュ後のランナーを見ても誰が誰だが全く分からないので挨拶はできず。

たくさんのランナーと一緒に走ったおかげで出た記録なので、本当は「ありがとうございました」と挨拶がしたかったのですが。

そのかわりに大会のスタッフの皆様に「ありがとうございました」と挨拶をしながら荷物を持って会場を後にしました。

 

 

 

ラップはこちら。


f:id:ooguins:20230204181236j:image


f:id:ooguins:20230204181246j:image


f:id:ooguins:20230204181255j:image


f:id:ooguins:20230204181303j:image

 

 

 

後で正式な結果を確認したところ、グロスが2時間41分13秒でネットが2時間41分10秒でした。


f:id:ooguins:20230204181314j:image

 

 

 

今回レース後の大食いは無く、レース後は下道でゆっくり帰宅しただけなので1話完結になります。

 

2022年12月25日。RFC大井川その①。徐々に風が強くなる中、サブ45を目指した結果。

遅くなりましたが昨年末に出場したレースのレポです。

2022年12月25日に開催された、ランナーズフルマラソンチャレンジ大井川リバティに出場しました。

 

 

 

当日は確か3時台に自宅を出発し、高速道路で静岡県島田市へ。

無事に到着し、検温やトイレを済ませます。

 

懸念していたのは風。この時期のこの地域は大変強い風が吹く日が多いので。また河川敷なので遮る物があまり無く、風の影響を大きく受けるコースになっています。

朝の時点ではまずまず穏やかな風。ただ時間が経過するにつれて風が強くなる予報が出ていました。

 

スタート前に1つ誤算がありました。スタートはAブロックから順に1分間隔のウェーブスタートなのですが。参加案内に「希望のペースメーカーについていく場合はそのペースメーカーのブロックに移動が可能」と記載されていました。私は陸連登録していないためか元々Bブロックからのスタート。今回は余裕を持ってサブ45を達成したいと考えていたので、2時間45分のペースメーカーがスタートするAブロックへの移動を申告しましたが。Aブロックは陸連登録の方のみなので、Aブロックへの移動はできないとのこと。まあ仕方がないと切り替えて、レースに集中することにしました。

これだとせっかくペースメーカーがいらっしゃるのにその恩恵を得られないランナーも多く、参加者の満足度が下がるように思えるのですが。

 

軽めにアップして、レース用のシューズに履き替えてからスタートの整列へ。

 

9時にAブロックがスタート。

 

9時1分にBブロックのスタートの合図。

コースは河川敷の直線5kmを折り返す、1周10kmのコース。

5kmの折り返しまでは向かい風なので、無難に一緒にスタートした2時間50分のペーサーと一緒にキロ4分で走り始めましたが。ペースが遅く感じたので単独走になってしまいますが、サブエガペースの集団から抜け出しました。

 

その後はほぼ単独走。

確か向かい風区間はキロ3分55秒ペース辺りで、追い風区間はキロ3分47秒くらいで巡航していたと思います。

 

できれば1分前にスタートした2時間45分のペーサーに追いつきたいと考え、平均キロ3分50秒くらいになるようなペースで巡航し。途中まで2時間45分のペーサーとの距離が縮まったように見えたのですが、そこからは風が強くなってきたためか残念ながら追いつくことができず。

 

途中ユーチューブなどで見慣れた女子のマラソンランナー下門美春さんを発見しテンションが上がりました。

 

走りの方は30kmくらいまでは問題なくペースを刻み。

30km〜35kmの向かい風区間で風がかなり強くなってきたので、ラップはキロ4分台まで落ち。

終盤も足は少し残っていたのですが、40〜41km区間は強烈な向かい風でラップが4分20秒台まで落ちました。まあこの区間は私だけでなく女子トップの下門美春さんも同じようなペースまで落ちていたので仕方がないと思いますが。

 

向かい風区間ではやや失速しましたが、それ以外はおおむね無難な走りで無事フィニッシュ。

手元の時計を確認するとわずかに2時間45分を越えていました。私は今回余裕を持って2時間45分を切ることを目標にしていたのでこのタイムはやや不本意に感じました。

 

ただ、後ほど正式な結果を確認したところグロスが2時間45分7秒でネットが2時間44分59秒。

ネットタイムではぎりぎりサブ45を達成。

もちろん自己ベストも更新。

終盤風が強かったことや、ペースメーカーについていけず単独走だったことを考えると上出来と思われます。

 

ラップはこちら。


f:id:ooguins:20230130210303j:image


f:id:ooguins:20230130210314j:image


f:id:ooguins:20230130210332j:image


f:id:ooguins:20230130210340j:image

 

 

順位は一般男子の部で4位、35〜39歳の部で2位でした。

 

 

 

その②へ続く。

1月22〜27日のRUN記録。

1月22日。

勤務は休み。

朝よりランニング開始。

河川敷のサイクリングロードで1km×4本、つなぎは1kmJOG。1本目は全くペースが上がらなかったのですが、2本目以降はおおむね狙ったペースで走ることができました。


f:id:ooguins:20230125055312j:image

トータル16.3kmくらい走りました。

 

 

 

1月23日。

勤務は夜勤入り。

河川敷のサイクリングロードで17kmEペース。


f:id:ooguins:20230125055437j:image

トータル21km。

 

 

 

1月24日。

勤務は夜勤明け。

昼過ぎよりランニング開始。

20.1kmJOG。夜勤明けなのでゆっくり走ろうかと思っていましたが。自然とEペース辺りまでペースが上がりました。


f:id:ooguins:20230125055655j:image

 

 

 

1月25日。

勤務は休み。

寒波の影響で氷点下5℃前後の中、朝から16kmEペース。

トータル20km走りました。


f:id:ooguins:20230127103221j:image

 

 

 

1月26日。

日勤前に街中をゆっくり8.4kmJOG。


f:id:ooguins:20230127103259j:image

 

 

 

1月27日。

勤務は夜勤入り。

朝10kmJOG。


f:id:ooguins:20230127103339j:image

 

2022年11月3日ぐんまマラソン。フルマラソンの部。その②。女子のトップの方に追われた結果。

その①からの続き。

かなり遅くなりましたが、昨年11月のぐんまマラソンのレースレポです。

 

 

 

自宅から近い場所でのレース。

ぐんまマラソンのフルマラソンの部に出場するのは初めて。昨年は10kmの部に出場して年代別6位という結果でした。

 

朝食摂取後に車で自宅を出発し駐車場に到着。

駐車場からは歩いて会場へ。

受付やトイレを済ませます。

受付の後は軽めにアップ。

その後はレース用のシューズに履き替えてスタートの整列へ。

Aブロックの比較的前の方に並ぶことができました。

 

 

9時にスタートの合図。

Sブロックの陸連登録の方々が前方にいらっしゃるので5秒以上前に進めず。

スタートラインを越えるのに10秒以上要したでしょうか。

スタートラインを越えても陸連登録の方々が前方にたくさんいらっしゃるので、落ち着いて追い抜きながら走り始めます。

 

1kmの通過は4分8秒。

早めに整列したせいか、スタートロスは最小限に抑えたようです。

その後は前が開けて走りやすくなったので巡航ペースに乗せることができました。

できれば集団の中で走りたかったのですが、序盤からほとんど単独走。時々他のランナー様と一緒に走る時間帯もありましたが、結局ペースが合わずに離れてしまう感じ。おそらく私と同じくらいの走力の方々はほとんど陸連登録しており、かなり前方を走っているものと思われました。

 

確か5kmを過ぎた辺りで女子のトップのランナー様を追い抜きました。かなり強いランナー様なので追い抜いてよいのかどうか少し悩みましたが。実力ではおそらく私よりかなり上なので、後半追い抜かれるだろうと思いながら追い抜きました。

 

強い日射しの中10km、15kmと巡航し。

途中後ろに着いてきたランナー様がいらっしゃいましたが。数km一緒に走ったところで後ろから「ありがとうございました。厳しいのでちょっとペースを落とします。」とわざわざ声をかけていただき。私も「ありがとうございました。私もどこまで行ける分かりませんが。」と返しました。私は普段ボッチ練なので、こうして少しだけでも他のランナー様と一緒に走って声を掛け合えるのは毎回新鮮に感じます。

参加人数の多い大会なのでもっと集団で走れるかと期待していたのですが。私は陸連登録をしていないせいか今回はほとんど単独走になりました。

 

20km辺りから古傷2箇所に少し痛みを感じるようになりました。以前故障した部位です。

傷みが出た原因としては私の走り方の問題もありますが。今回はシューズの影響も大きかったと思います。今回使用したシューズは以前トラックで使った時に足を痛めて使うのを控えていたシューズ。リスキーなシューズだと思いましたが最近の私の走り方に合ったシューズではないかと思い、直前の練習で試したところ体感よりもかなり速く走ることができました。

今回の古傷の痛みはある程度想定していたので、ここからはより一層優しく滑らかな接地や身体の使い方を意識して巡航しました。ペースは無理に上げず、時計も見ずに「速めのJOG」の意識で気持ちよく走り続けました。

 

中盤で足に痛みが出たので後半まで持たないかと思いましたが。

ペースや走り方をコントロールしたせいか、25km、30km、35kmと問題なく通過します。

後半になると気温が20℃くらいまで上がったせいか失速しているランナー様をたくさん見かけましたが、私は足が残っており時々古傷が少し痛む程度。失速したランナー様を追い抜きながら巡航を続けます。

 

懸念していた35km以降のアップダウンも全く問題なく軽快に走ることができました。

 

35kmを過ぎると数10m後ろに前半で追い抜いた女子のトップのランナー様が走っていることに気づきます。

ここからは女子のトップの方より早くフィニッシュすることを目標にしました。

女子のトップの方は本来格上なので、別に負けても追いつかれてもいいのですが。

何となく追いつかれて一緒にゴールしたら女子のトップの方と一緒に私も写真に映り、新聞やネットに私の姿が載ったら恥ずかしいなと。くだらない心配を始めたらおかしくなって走りながら笑ってしまいました。

古傷をかばいつつ、なるべく速いペースで巡航し、ラストにペースアップできるだけの余力も残します。

終盤にこれほど足に余力を残しながらのフルマラソンはほとんど記憶にありません。

 

 

終盤は少しだけ足が攣りそうな感覚もありましたがほとんど問題なく。女子のトップの方と数10mの距離を保ったまま無事フィニッシュ。

 

ガーミンを確認すると自己ベストより1分以上遅いタイムでしたが、途中古傷が痛んだので故障せずに走り切ることができて安心しました。

 

 

ラップはこちら。


f:id:ooguins:20221224183612j:image


f:id:ooguins:20221224183622j:image


f:id:ooguins:20221224183632j:image


f:id:ooguins:20221224183639j:image

 

正式な結果はグロスが2時間47分4秒で、ネットが2時間46分49秒。

自己ベストには及びませんが、公認コースのベストでした。

 

今回使用したシューズはフルマラソンに初めて使用しましたが。途中でダメージを負い足に痛みが出たにもかかわらず、終盤まで失速せず快調に走り切ることができました。

上記のように不思議なシューズでリスクもありますが、今後もレースで試していきたいと思います。

 

 

 

 

 

その③へ続く。

1月18〜21日のRUN記録。

1月18日。

勤務は休み。

珍しく二度寝したので朝は走らず。息子を幼稚園まで送り、昼頃からランニング開始。

河川敷のサイクリングロードで1km×3本、つなぎは1kmJOG。


f:id:ooguins:20230122121407j:image

3本目は3分7秒でしたが、これは確かロードでの練習最速タイだったと思います。

その後は11kmをEペースで走り。


f:id:ooguins:20230122161627j:image

河川敷までの行き帰りを含めトータル21.2kmくらい走りました。

 

 

 

1月19日。

勤務は休み。

朝よりランニング開始。

18kmをEペース。


f:id:ooguins:20230122161800j:image

トータル22.3kmくらい走りました。

 

 

 

1月20日

勤務は日勤。

日勤前に9.1kmJOG。


f:id:ooguins:20230122161906j:image

仕事はかなり忙しく残業して帰宅。

 

 

 

1月21日。

勤務は日勤。

日勤前に街中を11.9kmJOG。


f:id:ooguins:20230122162006j:image

この日も午後からやや忙しくなり残業しましたが、無事に勤務を終え帰宅しました。

1月16〜17日のRUN記録。

1月16日。

勤務は夜勤入り。

朝よりランニング開始。

河川敷のサイクリングロードで16kmのEペース走。

後半に1km×3本の疾走区間を入れましたが、ペースは全く上がらず。


f:id:ooguins:20230118121210j:image

河川敷までの行き帰りを含め、トータル20km走りました。

 

 

 

1月17日。

勤務は夜勤明け。

救外対応、複数の緊急入院などで忙しい夜勤でしたが無事終了。

スーパーに寄って帰宅してからランニング開始。

街中をゆっくり22.6kmJOGして終了。


f:id:ooguins:20230118121229j:image

1月14〜15日のRUN記録。

1月14日。

勤務は休み。

朝よりランニング開始。

河川敷のサイクリングロードで1km×3本、つなぎは1kmJOG。

仕事の疲労か身体は重かったのですが、3本目は何とかペースを上げて無事終了。


f:id:ooguins:20230116055138j:image

その後は11kmのEペース走。


f:id:ooguins:20230116055213j:image

トータル21km走りました。

 

 

 

1月15日。

勤務は日勤。

5時台よりランニング開始。

市街地をゆっくり10kmJOGして終了。


f:id:ooguins:20230116055528j:image